STAFFS

プロデューサーA

いろいろな人と知り合えることが大きな財産です。

Q1あなたのキャリアを教えてください
新卒でCM制作会社に入社し、TVCMのプロダクションマネージャー6年、プロデューサーを2年やっていました。
Q2電通クリエーティブフォースに入社したきっかけは?
制作会社時代は、企画が決まってから請け負うことが多く、いわば、仕上げの部分を担っていました。充実していた分、広告制作の最初のところから立ち会えたらもっと面白いんじゃないか、もっと違ったやり甲斐があるのではないかと考え、電通クリエーティブフォースを志望しました。

コストマネジメントだけでなく、進行管理やクオリティ管理など、制作のすべてにおいて関われる。クリエーティブや営業に求められてチームにいるので、とてもやり甲斐があります。
Q3電通クリエーティブフォースの魅力は?
想像以上に何でもできる会社。

複数の案件を同時に担当するので、バランスを保つことは大事ですが、プロデュースするということに関しては限界がないです。チームで信頼を勝ち取れば、発言する機会も増え、どんどん仕事を任せてもらえます。これはプロデューサーという職種によるところかもしれませんが、出会いがすごく増えたし、幅広いです。いろんな人と知り合える。これはすごい財産ですね。

いままでは伝聞だったクライアントの声を生で聞けるポジションになり、CMやグラフィックだけでなく、SNSの展開などにも話が及ぶので、キャンペーン全体の仕組みを知ることができます。新たな知識を得ることは、すごく楽しいです。

また、社内にいろんな畑の「プロ」がいることも大きな魅力です。僕はCM制作会社出身なので、入社したばかりの頃はグラフィックについてはあまり詳しくありませんでした。わからないことは同じ室のグラフィック制作会社出身の人に聞きましたね。逆に僕がCM制作について聞かれることもあります。知識の交換というか、率直に話ができる関係です。仕事が終わった後にみんなで食事に行き、広告の未来について熱く語ることもあります。そういう仲間がいることも、電通クリエーティブフォースの魅力ですね。
  • PREV
  • NEXT